2011年6月25日土曜日

長崎の墓:大音寺01

大音寺後山墓地を最上段から掃苔・調査し、15点ほどの位置情報を「長崎墓マップ」にアップする。このあたりは見通しがあまり良くなく、高下の感覚が掴みにくい。今村家墓地を奥に進むと崇福寺の「朝翁」に出て、ここに出るのかとちょっと意外に思う。以下調査メモ。

20110625-01万霊塔(文化)・一千日念仏廻向之塔(天和)/大音寺
場所 +32° 44' 40.34", +129° 52' 57.54"

本堂の真横。松平図書守墓碑との間を登る道の上り口のところにある2基の大きな塔。それぞれ文化年間、天和年間のもののよう。『日鑑』に由来が書いているかもしれない。







20110625-02大音寺住持塔/大音寺
場所 +32° 44' 40.66", +129° 52' 58.20"

鍵がかかっていて中に入れない。整然と並ぶ卵塔の大きさは長崎の寺でも最大規模だろう。宮田さんもそう書いている。長崎の町と港を見下ろすように整列している。




20110625-03阿蘭陀通詞・今村家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.64", +129° 53' 4.23"

松村元綱による明生墓碑銘が読みたかったが解読困難なので他日を期す。英生墓碑は彫りが深い。googleの地図には背面に建物があるが(昔の写真にも人家が写っている)、現在はない。隣の墓にあるザボン?の木の枝がこちらまで伸びていて、実がたくさん転がっていた。いつものように現存墓碑の銘と家紋を全撮。



20110625-04宿老・浜武家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.40", +129° 53' 3.73"

古賀本によるとかつて23基(13基?)の墓碑があったとのことであるが、現在は五輪塔一基に整理されている。






20110625-05森家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.77", +129° 53' 3.65"

宮田さんはこの墓地が整理されているため、糸割符宿老の森家と確認できないと書いている。とりあえず全撮。






20110625-06大乗妙典法花経全部一字宕塔(正徳四)など(藤井・堺屋家墓地内ヵ)/大音寺
場所 +32° 44' 36.70", +129° 53' 3.89"

大乗妙典の一字ずつを一石に写経し埋納した時に立てた碑だろう。掘れば出てくるかもしれない。一体何を祈願したのだろう。






20110625-07鶴田家墓地(全景のみ)/大音寺
場所 +32° 44' 37.50", +129° 53' 3.85"









20110625-08阿蘭陀通詞・中山家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 37.82", +129° 53' 4.03"

近世期の状態をよく保存している、大変貴重な墓地。6代作三郎武徳(1785-1844)はドゥーフハルマの再訂に大きな役割を果たした優秀な通詞。シーボルト記念館収蔵の絵像(川原慶賀筆)は「阿蘭陀とNIPPON」展で展示させて頂きました。美馬順三墓碑は入り口近くにぽつんと立っている。墓碑銘は解読困難。ボッフムに残されているシーボルト門人らの蘭語論文はここで読める。市指定の解説板あり。



20110625-09町乙名・帯屋家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.21", +129° 53' 3.96"

帯屋氏は代々船津町、島原町、大村町の乙名をつとめた。






20110625-10船番・大木家墓地(砲術家大木藤十郎など)/大音寺
場所 +32° 44' 38.20", +129° 53' 3.57"

大木家の五代・藤十郎(1785-1873)は、諱・忠貞、号・可月、野鶴。船番触頭を勤めた。坂本孫八(天山)や高島秋帆について砲術を修め、第1次海軍伝習では伝習頭取となってペルス・ライケン等に砲術・航海術を学んだとのこと。後に佐賀藩に招かれ、航海術などを教授したとも。博物館には大木の遺品としてトンキョ笠と阿蘭陀渡りのランドセルが収蔵されている。明治6年没。


20110625-11朱印船貿易家・荒木宗太郎墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.34", +129° 53' 2.92"

長崎では本石灰町の御朱印船やアニオーさんで有名な荒木宗太郎(?-1636)の墓(中央)。荒木家は3代伊太郎好信から13代惣八郎春章まで、西築町乙名をつとめた。手前の石垣に廃棄墓碑が使われているが、かつて整理したものだろう。墓石を石垣や階段にリサイクルするセンスは現代人には理解しがたい。市指定史跡。



20110625-12素封家・島田家墓地(全景のみ)/大音寺
場所 +32° 44' 38.60", +129° 53' 3.76"

とにかく巨大で、雑草がかなり生い茂るがまだ進入可能。今日は全景だけを撮影しておく。島田家は、奈良・明日香村出身の初代島田惣兵衛(享保15年没)以来、袋町で岡村屋の屋号で商売を行った。惣兵衛の名は『長崎実録大成続篇』に度々みえるという。隣接する住宅にはもう誰も住んでいないのだろう。荒れ果てている。


20110625-13西道仙墓碑ほか/大音寺
場所 +32° 44' 38.89", +129° 53' 3.29"

この墓地には西家だけでなく、他家の墓碑もたくさんある。西家墓地は観善寺にもあり、そちらは本格的に整理されている。





20110625-14商家・伊藤家(八百叟)墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.89", +129° 53' 2.44"

伊藤家は代々今博多町に住み、蔬菜や乾物を商った。とくに惣右衛門(1835-1917)は家業のかたわら清人の胡鉄梅(1848-1899)に南画を学び、蟹図に秀でた。号は、蔬香、玉椿軒、八百叟と呼ばれた。博物館には八百叟の印が大量に収蔵されている。近代長崎における日中交流は今後研究を進めるべき重要なテーマ。胡鉄梅についてはこのページに興味深い情報が見える。


20110625-15長崎奉行・松波備前守正房墓碑/大音寺
場所 +32° 44' 39.88", +129° 53' 2.60"

長崎で客死した奉行の墓でもこれは最大級の大きさだろう。献灯の竿石には町年寄らの名前が。奉行が亡くなったときは、皆さぞ大変だったことだろう。









※6月30日追記
試しにGPS場所をリンクしてみる。またOさんによると「糸割符宿老の森家墓地はかつて皓台寺で確認した」「荒木家は神道家」とのこと。たしかに明治以降の墓碑には「奥城」と刻む。近世墓碑は、開祖の宗太郎・アニオーさんの墓以外はほとんど整理したものである。いつも貴重な情報有難うございます。

2011年6月5日日曜日

倉場富三郎蔵書印(長崎の印章11)

久しぶりにブログを更新する。これまで書いた「長崎の印章」シリーズは、それぞれ大幅にリライトして、勤務先博物館の紀要最新号にまとめて出版する予定にしている(第5号。そのうち出ます)。これに懲りず、今後もときどき書いていくつもりで、今回は倉場富三郎です。
--------------------

印文:「倉場蔵書」(方・陽・朱印、24×24mm)
出典:Shirley Hibberd, The Amateur's Greenhouse and Conservatory, revised by T.W.Sanders, London, W.H. and Collingridge, [year unknown](ヒバード『アマチュアのための温室』出版年不明)<2_712>

倉場富三郎(1870-1945)は、トーマス.B.グラバー(1838-1911)と妻・ツル(1851-1899)の間に長崎に生まれた。学習院で学んだ後、アメリカに留学しペンシルバニア大学で生物学を学んだ。帰国後は長崎に戻り、ホーム・リンガー商会に勤める。その後は、長崎の実業界/社交界の中心人物として、日本初のトロール漁の導入や、長崎内外倶楽部の創設、雲仙ゴルフ場の設立にかかわり、また全32集801枚に及ぶ魚譜『グラバー図譜』の編纂など、多方面で活躍した。しかし晩年には戦時中にスパイの嫌疑を受け、不遇のうちに自ら命を絶っている。
 その死後、蔵書は散佚したらしいが、比較的まとまった分量が倉場富三郎寄贈図書として県立図書館に収蔵され、現在は長崎歴史文化博物館に移管されている。上掲印は、富三郎寄贈洋書(請求番号2_700番台を中心とする)にしばしば確認することができ、今回富三郎の蔵書印と比定した。他に同印が捺された洋書に、Joseph Bennett, Billiards, edited by Cavendish, 7th edition, London, Thos. de la rue & co. ltd., 1899(ベネット『ビリヤード』)< 2_738 > や、Frances A. Shaw, Victor Hugo: His Life and Works, Chicago, S.C.Griggs and company, 1881(ショー『ヴィクトル・ユーゴー』)<2_766> など多数ある。
 本書『アマチュアのための温室』は、素人向けに温室の作り方や管理について概説した啓蒙書で、その内容はグラバー邸の温室を想起させる。また本書にはブックマーク代わりに下記の英文招待状が挟まれている。

The honour of your presence is requested at the Grand Bazaar and Concert to be held under the auspices of the Ladies of the Nagasaki Jizenkwai, (Benevolent Soceity), at the Maizuruza Theatre, Shindaiku=machi, on Saturday and Sunday, the 22nd and 23rd inst., from 2 to 10 p.m.
The funds raised are for the benefit of the Society's Asylum for the Blind and Dumb.
Nagasaki, Nov. 15th, 1902.


 1902年11月22・23日、長崎慈善会のご婦人がたが舞鶴座で行ったというこのバザー/コンサートに、富三郎は参加したのであろうか。
 長崎歴史文化博物館に移管済みの富三郎の旧蔵書や古写真、また書翰類については、いまだその全体像が把握されていないように思うが、それらの研究を通じて、彼が活躍した大正・昭和初期長崎の政財界や社交界についても、新たに多くの知見が得られるに違いない。