2024年5月10日金曜日

デザイン論法

1603・4年イエズス会日本年報(報告集第Ⅰ期第4巻、277頁) 

 ここに、日本の高貴できわめて古い家系の異教徒の若者がいた。彼はかつて太閤様の小姓を務め、現在は福島(正則)殿に仕えており、彼の一寵臣の嗣子である。この男は禅宗に属し、その宗派の仏僧たちは多額の金を支払う何人かの人たちに或る種の黙想(坐禅)をさせる習わしだが、(仏僧らは)彼にもそれを行なわせた。その黙想は、救済はなく、我々に見えている肉体的なこれらすべてのものには外見的なもの以外には真の存在はないと要約される。つまり、万物はこの現在の生をもって終るということである。そして、生来、この若者は才能に優れ雄弁なので、友人のキリシタンの兵士たちとつねに大論争を交わしていた。

 ついに、或る時、他の二人のキリシタンといっしょにこの城のある場所を見張ることになった際に、論戦はすさまじいものとなり、嗄声になるまで一晩中をそれに費やし、最後に、説教を聞きに来い、そうすればどんなに誤っているかが判るであろうということになった。彼は、彼らの言うことに同意して聞きに来たが、それは、改宗するよりも論争したいと思ったからである。このようにして、初回の説教では、物凄い怒鳴り声をあげ、ひどくしつこく言い張ったので、説教している広間では彼のせいで話し声が聞こえぬほどであった。

 二回目には、天と地と万物の創造者が存在することを証明した根拠の有効性を見て、若干穏やかであった。そのため、その後、聞いたことを一人だけで考察し始めた。そして、自然の光が教えることにすべてがかなっていることを見出し、空が澄みわたり清朗な或る夜、月と星を長い間注意深く眺め、それらがいとも規則的な歩みで運行し、少しずつ西に近づき、ついに若干の星が地平線の下に沈むことに気づいた。そして、このことから、この世の秩序と調和に思いを巡らしていった。こういうわけで、デウスの恩恵をもって次のように結論した。これらすべては万物のあの第一原因、(すなわち)キリシタンの教えがデウスと呼んでいるものの明白な作用以外の何物でもありえない。したがってただ(この教え)のみが真実であり、仏僧たちから学んだすべてはまったくの誤りと見せかけである、と。

2024年3月27日水曜日

『スヘラの抜書』関連文献

A growing bibliography of what has been written on Sufera no nukigaki スヘラの抜書

last updated: 2024.3.27

<primary sources>

Sufera no nukigaki スヘラの抜書. Herzog August Bibliothek, Cod. Guelf. 7.5 Aug. 4°, ff. 318r‒423v (the corresponding digital images are numbered 765‒850). The digital images are available on libraryʼs website: http://diglib.hab.de/mss/7-5-aug-4f/start.htm.


<secondary materials>

Osterkamp, Sven. 2020. “A Rediscovery in the Herzog August Bibliothek. The Wolfenbüttel Manuscript of the Jesuit Compendia of Philosophy, Theology and Cosmology in Japanese Translation.” HABlog. Accessible at https://www.hab.de/en/a-rediscovery-in-the-herzog-august-bibliothek/.

平岡隆二. 2022. 「東西コスモロジーの出会いとキリシタン文献」、岸本恵実・白井純編『キリシタン語学入門』八木書店、2022年、39-40頁。

ノイツラ・ゾフィー(Neutzler [Takahashi], Sophie). 2022. 「日本イエズス会Compendiaの新出写本とその表記」、第397回日本近代語研究会2022年度秋季発表大会口頭発表、https://www.academia.edu/103043398

Osterkamp, Sven. 2023. “The Textual History of the Jesuit Compendia in Latin and Japanese as seen from the Newly Identified Manuscript at Herzog August Bibliothek, Wolfenbüttel.” Historia scientiarum 32-2 (2023), pp. 63‒87.

Hiraoka, Ryuji. 2023. “The discovery and significance of Sufera no nukigaki (Selection on the sphere), a Jesuit cosmology textbook in Japanese translation.” Historia Scientiarum 32‒2 (2023), pp. 88‒116.

Kishimoto, Emi. 2023. "Stairway to the Stars: Jesuit Training and the Dictionarium Latino Lusitanicum, ac Japonicum (1595)." in Lachaud, François and Bussotti, Michela eds. Mastering Languages, Taming the World: The Production and Circulation of European Dictionaries and Lexicons of Asian Languages (16th–19th Centuries). EFEO: 2023, pp. 61-76.


2024年3月1日金曜日

2023年度

〈論文〉

「開陽丸引き揚げ文書と梅文鼎『暦算全書』 」、『洋学』30号、2023年5月、159-165頁。

「キリシタンと時計伝来」、大橋幸泰編『近世日本のキリシタンと異文化交流』勉誠社、2023年7月、11-31頁。


〈資料紹介〉

「「キリシタンと時計伝来」関連史料」、大橋幸泰編『近世日本のキリシタンと異文化交流』勉誠社、2023年7月、74-88頁。


〈共編〉

大形徹・武田時昌・平岡隆二・髙井たかね編『東アジア伝統医療文化の多角的考察』臨川書店、2024年2月。


〈研究発表〉

「禁教・潜伏・発見:キリシタンの3世紀(1614-c.1920)」、人文研アカデミー2023シンポジウム「もう一つの〈キリシタン信徒発見〉:1879年茨木・千提寺とフランス人宣教師」、京都、2023年7月17日。

“A Jesuit Cosmology Textbook in Japanese Translation: the Discovery and Significance of Sufera no nukigaki スヘラの抜書(Selection on the Sphere)”、The 16th International Conference on the History of Science in East Asia (16th ICHSEA)、Frankfurt am Main、 2023年8月22日。

“Exploring Cosmology with a Clockwork Astronomical Model: A Public Scientific Lecture in 18th Century Japan”, EHESS seminar “Sciences et savoirs de l'Asie orientale dans la mondialisation (XVIe-XXIe siècle)”, Paris、 2023年11月8日。

“Cosmology in Translation: A Case of Jesuit Textbook during Japan’s “Christian Century” 、International Workshop “Latin as a Cultural Interface between Europe and East Asia in Catholic Missions (16th-18th Centuries)”  organised by Université d'Orléans and IRFA, Paris、2023年11月9日。

「キリシタン布教と科学伝来: 新発見の宇宙論教科書『スヘラの抜書』を中心に」、洋学史学会若手部会例会、大阪、 2023年12月17日。


〈新聞報道など〉

(取材)「西洋天文学 最古の邦訳 16~17世紀、独で発見 来日宣教師が編集」、『読売新聞』夕刊一面・Web版、2023年9月25日。

(取材): 「‘Oldest’Japanese Text on Western Science Unearthed in Germany Library」、『The Yomiuri Shinbun』Culture欄・Web版、2023年9月26日。

(取材):「家族内で信仰 改宗に反対も―大阪・茨木の隠れキリシタン「発見」を再考察」、『毎日新聞』夕刊・文化面・Web版、2023年8月21日。

(取材):「関西の隠れキリシタンはいつ「発見」? 明治期の書簡を仏で確認」、『毎日新聞』夕刊社会面、2023年5月9日。

2023年6月29日木曜日

2022年度

●書いたもの
<雑誌特集号編集> 
Ryuji HIRAOKA ed. Special issue: East-West contacts and scientific culture in early modern East Asia 2. Historia scientiarum 32-2 (2023年3月), pp. 59-156. 

<論文> 
Ryuji HIRAOKA. "The Discovery and Significance of Sufera no nukigaki (Selection on the Sphere), a Jesuit Cosmology Textbook in Japanese Translation." Historia scientiarum 32-2 (2023年3月), pp. 88-116. 

<分担執筆>
平岡隆二「キリシタンと科学伝来-宣教師はなぜ西洋科学を紹介し、どのように受容されたのか」、岩城卓二ほか編『論点・日本史学』、ミネルヴァ書房、2022年8月、170-171頁 (ISBN: 9784623093496)。 

 <書評>
平岡隆二「大島明秀著『蘭学の九州』 」、『熊本日日新聞』、2022年7月10日。 

●報告など 
平岡隆二「イエズス会の日本語宇宙論教科書『スヘラの抜書』の発見とその意義」、日本科学史学会、2022年5月29日。 

Ryuji HIRAOKA. "The discovery and significance of Sufera no nukigaki (Selection on the sphere), a Japanese translation of Jesuit cosmology textbook," International Symposium 'Religion, Translation and Transnational Relations: Japan and (Counter-) Reformation Europe,' Lepzig University, 2022 September 2 

平岡隆二「ワクチン伝来と近世長崎」、国立大学附置研究所・センター会議第3部会シンポジウム「感染症と近代社会:ポストパンデミックの人文学に向けて」、2022年10月28日。

平岡隆二 “Greco-Roman Cosmology in Japan’s ‘Christian Century (1549-c.1650)’” 科研B「日本における西洋古典受容に関する包括的・学際的な国際共同研究」報告会、2022年12月18日。

平岡隆二「イエズス会日本布教と宇宙論-新出写本『スヘラの抜書』を中心に-」、科研費学術変革B「中近世における宗教運動とメディア・世界認識・社会統合(ReMo研)」イエズス会班報告会、2022年12月20日。

2022年4月5日火曜日

2021年度業績

 平岡隆二(共著):日本科学史学会編『科学史事典』丸善出版、2021年(担当:「江戸の天文暦学:西洋天文学知の多様な自己化」318-321頁)

平岡隆二(共著):洋学史学会監修、青木歳幸ほか編『洋学史研究事典』2021年(担当:「沢野忠庵」「ビュルゲル」「西学書」「坤輿万国全図」「長崎遊学」

Ryuji HIRAOKA(共著): Bill M. Mak and Eric Huntington eds. Overlapping Cosmologies in Asia: Transcultural and Interdisciplinary Approaches. Brill, 2022( "Deciphering Aristotle with Chinese Medical Cosmology: Nanban Unkiron and the Reception of Jesuit Cosmology in Early Modern Japan." pp. 98-115).

平岡隆二(共著):平井松午・島津美子編『〈稿本・大名家本〉伊能図研究図録』創元社、2022年(担当:「長崎歴史文化博物館収蔵「伊能図」」267-273頁)。

平岡隆二(共著):岸本恵美・白井純編『キリシタン語学入門』八木書店、2022年(担当:「東西コスモロジーの出会いとキリシタン文献」39-40頁)。

<学会発表等>

HIRAOKA Ryuji:"A Public Cosmology Lecture with a Clockwork Astronomical Model in 18th Century Japan", 26th ICHST 2021 (International Conference of History of Science and Technology), Prague、オンライン、2021年7月28日。

平岡隆二:「イエズス会科学と近世仏教:初中期仏僧の西洋地球説への反応を中心に」、ReMo研合同研究会「科学、医療、宗教の相互連関─中近世のキリスト教と仏教を中心に─、オンライン、2021年9月15日。

平岡隆二:「開陽丸引き上げ文書と梅文鼎『暦算全書』」、洋学史学会オンラインシンポジウム「開陽丸引き揚げ文書について 幕府天文方と開陽丸」、オンライン、2021年11月14日。

HIRAOKA Ryuji:"Buddhist Reaction to the Western Theory of Round Earth in 17th and 18th Century Japan"、The 6th History of Mathematical Sciences: Portugal and East Asia VI: Measuring Time, Heaven and Earth, Seoul、オンライン, 2021年12月9日。

2022年3月26日土曜日

京大宇宙ユニット「宇宙倫理学教育プログラム」受講生募集

 この4月から、京大宇宙ユニットで以下の教育プログラムを実施します。私も科学史の立場から授業の一部を担当します。京大生だけでなく一般の方にも開かれたものなので、関心のある方はぜひ募集案内をご覧ください。


——————————

件名:「宇宙倫理学教育プログラム」受講生募集

宇宙 and/or 倫理 に興味あるみなさま

嶺重(京大・宇宙ユニット長)です。
京都大学宇宙総合学研究ユニット(宇宙ユニット)では2022年度から新しく
宇宙倫理学教育プログラムを実施することになり、受講生募集を開始しま
した。興味がおありの方は、以下の案内をご参照のうえ、応募してください。

【プログラムの趣旨など】
近年、民間の参入等により人類の宇宙進出が本格化しており、これに伴って
既存の知見では対応することが難しい倫理的・法的・社会的問題が生じると
予想されています。宇宙ユニットでは、宇宙開発時代を見越して宇宙倫理学
研究を推進してきました。そして、宇宙開発に関わる種々の倫理的問題に
取り組み、その解決策を提案できるような人材を育成すべく、日本初となる
「宇宙倫理学教育プログラム」の策定を進めてきました。
このほど準備が整い、令和4年度受講生の募集をしています。

応募締切:2022年4月7日
応募資格:高校卒業または同等の資格をお持ちの方どなたでも.。
ただし、週一回(月曜4ー5限、前期は 15:00-18:15 の時間帯)
京都大学吉田キャンパスに通学可能であること。
受 講 料:無料
定 員:京都大学 学部生・大学院生 計10名、一般の方 若干名
(審査により決定します)
備 考: 応募はウェブで受けつけます(下記ウェブページ参照のこと)。
所定の授業を履修し成果発表を行った受講生には、宇宙ユニット
から修了証を発行します。

教育プログラム内容や応募方法については、以下のウェブページ、及び
広報動画をご参照ください。
・宇宙倫理学教育プログラム(SEEP: Space Ethics Education Program)
Webサイト:    https://www.usss.kyoto-u.ac.jp/seep/
広報動画:    https://www.youtube.com/watch?v=ivtS9wXR45c

【参考:こういう人に受講していただきたい】
・宇宙開発に興味をもち、宇宙工学技術者を目指す方
・宇宙飛行士を目指すべく、応募を考えている方
・宇宙科学の推進と倫理的課題との関係に興味をもっている方
・プラネタリウムや科学館にお勤めで、宇宙開発にも関心のある方
・科学技術全般と倫理学との接点に興味を持っている方
・社会科学を研究する立場から宇宙開発に関心をもっている方
など・・・

2022年3月14日月曜日

渡辺庫輔と薮内清、今井溱

「…万屋町には、小林謙貞という天文学、数学史上に重要な位置を占める人も住まっていた。

 謙貞は林吉右衛門について天文、地理、星宿、暦法を修めた。この吉右衛門は、刊本長崎先民像[ママ]には吉左衛門に作ってあるが、稿本長崎先民像[ママ]には吉右衛門に作ってある。これを明らかにされたのは古賀先生であって、今日では吉右衛門が正しいとされているが、これは古賀先生の功である。

 謙貞は二儀略説を著した。この書は内閣文庫にあって、わたしがこの書の存する事を知ったのは薮内清博士の示教によるが、これの写本は今井湊[ママ]さんの好意によって書架に加えることが出来た。」

出典:渡辺庫輔「長崎町づくし(105):郷土史の参考に 残っている若松[ママ]家系図」(長崎新聞、昭和37年7月7日付)

デザイン論法

1603・4年イエズス会日本年報(報告集第Ⅰ期第4巻、277頁)   ここに、日本の高貴できわめて古い家系の異教徒の若者がいた。彼はかつて太閤様の小姓を務め、現在は福島(正則)殿に仕えており、彼の一寵臣の嗣子である。この男は禅宗に属し、その宗派の仏僧たちは多額の金を支払う何人かの...