2018年1月12日金曜日

2017年の仕事

<刊行物>
平岡隆二「晧台寺の羅漢さま」、長崎歴史文化協会編『ながさきの空』第28集(十八銀行、2017年2月)、19-20頁。

平岡隆二「ラクダから望遠鏡へ-オランダから幕府への屈折式望遠鏡献上-」、大阪歴史博物館編『館蔵資料集13 羽間文庫:器具篇-付、重要文化財指定品目録-』(大阪歴史博物館、2017年3月)、6-7頁。

Ryuji Hiraoka, "The Gravestone of Hendrik Duurkoop, Director of the Dutch Trading Post at Dejima, Nagasaki", The Journal of the Graduate School of Language and Literature, Prefectural University of Kumamoto (熊本県立大学大学院文学研究科論集)", vol. 10, 2017 (Sep), pp. 53-71.(査読あり)

Ryuji Hiraoka, "Much Ado about Japan and Quattro Ragazzi", in Japan Society ed., Hiroshi Sugimoto: Gates of Paradise (exhibition catalogue), New York: Skira Rizzoli, 2017 (October), pp. 101-119.

Ryuji Hiraoka 平岡隆二, "The Oldest European Gravestone in Japan 日本最古の西洋人墓碑:商館長デュルコープ墓碑", in Embassy of the Kingdom of the Netherlands, Tokyo,オランダ王国大使館 ed. (produced by Flying Crane Press), The Dutch Cemetery at Goshinji: Stories of Exchange and Cooperation 長崎の悟真寺オランダ人墓地~交流と協力の物語, [Tokyo 東京]: Embassy of the Kingdom of the Netherlands, Tokyo オランダ王国大使館, 2017 (November), p. 15. [日英両語版2冊本]


<発表>
平岡隆二「近世日本の天文暦学史料~現況と課題~」、『近世日本科学史典籍に関する研究報告会』(国文学研究資料館・歴史的典籍に関する大型プロジェクト「近世日本科学史典籍の国際的再評価に向けた基礎研究」主催)、於電気通信大学、2017年2月22日。

平岡隆二「17世紀長崎における西学理解」、第7回日韓科学史セミナー、於全北大学校韓国科学文明学研究所(韓国全羅北道全州)、2017年3月25日。

平岡隆二「小林謙貞と初期長崎天学派-キリシタンと西川如見のはざまで-」、洋学史学会3月例会、於電気通信大学、2017年3月19日。

Ryuji Hiraoka, "Deciphering Aristotle with Chinese Medical Cosmology: Nanban Unkiron 南蛮運気論 and the Reception of Jesuit Cosmology in 17th-Century Nagasaki", International Conference on Traditional Sciences in Asia 2017 "East-West Encounter in the Science of Heaven", at Kyoto University, 2017 October 27.

平岡隆二「長崎聖堂の学問と教育 -向井元成、唐蘭御用、地役人教育-」、洋学史学会ミニ・シンポジウム「近世長崎の人と学問-『長崎先民伝注解』によせて-」、於電気通信大学、2017年11月5日。

平岡隆二「江戸時代の天文学と大村藩~峰源助と『郷村記』」、第2回西海市ふるさと発見講座(西海市教育委員会主催)、於大瀬戸コミュニティセンター(長崎県西海市)、2017年12月16日。


<企画>
洋学史学会ミニ・シンポジウム「近世長崎の人と学問-『長崎先民伝注解』によせて-」、於電気通信大学、2017年11月5日。

2017年6月6日火曜日

2016年の仕事

<論文>

宮島一彦・平岡隆二「渾天壱統星象全図」『大阪市立科学館研究報告』第26号、2016年、75-84頁。

平岡隆二・山下和秀・伊藤節子「峰文庫表紙裏張り文書の研究」『長崎歴史文化博物館研究紀要』第10号、2016年3月、19-45頁。


<発表>
平岡隆二「近世長崎の望遠鏡師-その技術的・社会的基盤-」、三浦伸夫先生最終講義シンポジウム(退官記念論集)『科学機器 の歴史:望遠鏡と顕微鏡、イタリア・オランダ・フランスとアカデミー』について、於神戸大学・瀧川記念学術交流会館、2016年3月16日。

平岡隆二「天草のキリシタン文化とコレジオ」、熊本県立大学研究成果報告会、於天草宝島国際交流会館ポルト、2016年2月19日。


<その他>

「ウェブ展示 長崎聖堂の世界 ver. 1.0」
http://www.pu-kumamoto.ac.jp/~hiraokar/seido.html

2016年8月21日日曜日

Slavery on Deshima

イサベル田中ファンダーレン(Isabel Van Daalen)さんの、出島のマレー系奴隷についての論文がgoogle booksに出ている。

リンクはこちら(第4章。一部閲覧制限)

ご本人からコピーを頂いて読んだが、とても勉強になった。

前半はオランダ東・西インド会社の奴隷貿易からabolitionへと至る流れのまとめだが、これまで英語で書かれてこなかった情報が多く(研究はほとんどオランダ語)ありがたい。

後半は、オランダ人が出島に連れてきたマレー系奴隷(日本人は「黒坊」と呼んだ)についてで、日蘭両方の資料から、彼らがどのように見られ、扱われたのか、なぜ奴隷制が簡単には廃止できなかったのか、等を丁寧に描いている。

今でも彼らの存在をslaveではなくservantと思っている(思いたい)人が研究者にもけっこういる。日本語で読める研究が島田論文くらいしかないからだろう。出島に遊女を派遣するシステムが確立したのは、奴隷まで含めた女性の来航が禁止されたことと無関係ではない。彼/彼女らがどんな人生を送ったかは、オランダ人も日本人も決して忘れてはならないだろう。

長崎の博物館にいた時、インドネシアや東南アジア系のお客さんをオランダコーナーに案内する機会が何度かあり、正直緊張したが、表立って不快感を示されることはほとんどなかった。そのことにも違和感を感じていたが、この論文を読んで、気づくところが多かった。

2016年7月1日金曜日

【告知】ウェブ展示「長崎聖堂の世界ver. 1.0」公開

下記ホームページにて表記のウェブ展を公開しましたのでお知らせいたします。

ウェブ展示「長崎聖堂の世界ver. 1.0」
http://bit.ly/28UjnYd

近世日中交流の重要拠点にまつわる初の本格的展観です。

このヴァージョンはひとまずの区切りとして公開するもので、ご意見やコメントがあれば是非お寄せ頂きたく、また関心をお持ちの向きにお知らせ頂ければ幸いです。



2016年6月25日土曜日

【予告】ウェブ展示「長崎聖堂の世界 ver. 1.0」

地震前から「長崎聖堂の世界 ver. 1.0」なるウェブ展示の公開を準備しているが、画像の権利ごとにようやく目処がつき、近日中に公開できそうで一安心。

新発見の信牌(個人蔵・玉名市立歴史博物館こころピア寄託)や、長崎に現存する関連遺物・文書を通じて、近世日中交流の拠点としての聖堂の姿を浮かび上がらせたい。近日中に公開しますのでご覧頂ければ幸いです。

中島聖堂遺構大学門(長崎市HP)
http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000704.html

2016年3月9日水曜日

「長崎墓マップ」が長崎新聞で紹介されました

ホームページで公開中の「長崎墓マップ」を長崎新聞さんに紹介して頂きました(2016年3月7日付、13面)。長崎の墓の文化財としての価値と重要性が知られるきっかけになればありがたいです。


2015年12月31日木曜日

2015年の仕事

<著書>
「望遠鏡伝来と長崎」、塚原東吾編『科学機器の歴史:望遠鏡と顕微鏡-イタリア・オランダ・フランスとアカデミー』(日本評論社、2015年6月)、155-194頁。(分担執筆)

「大村藩の学問:天文学」、大村市史編さん委員会編『新編大村市史:第三巻近世編』(大村市、2015年3月)、575-594および610-616頁。(分担執筆)


<論文>
Ryuji Hiraoka and Akihiko Watanabe, “A Jesuit Cosmological Textbook in‘Christian Century’Japan: De sphaera of Pedro Gomez (Part 2)”, SCIAMVS: Sources and Commentaries in Exact Sciences, vol. 16, 2015. pp. 125-223.

「晧臺寺の羅漢石像群と小林謙貞-庭園内の甲群を中心に」『長崎談叢』第100輯、2015年、48-79頁。


<学会発表>
「近世長崎の眼鏡師と望遠鏡」、科学史学会年会、於大阪市立大学、2015年5月31日。


<講演など>
「長崎の唐・蘭人墓」、長崎学一般公開講座(長崎純心大学主催)、於長崎歴史文化博物館、2015年12月19日。

「近世日本とオランダ-日欧文化の交流と融合」、第70回文化講演会、於津山洋学資料館、2015年4月18日。


<その他>
「2015年学会エクスカーションに参加して」、『科学史通信』第 号、2015年 月。

新聞紹介「長崎の唐・蘭人墓(長崎学一般公開講座)~”文化財として保存を” 熊本県立大平岡准教授」、長崎新聞、文化面(第13面)、2015年12月23日。

新聞紹介「江戸時代の中国船向け貿易許可証「信牌」、玉名市に2通現存~”長崎の国重文と同種” 県立大准教授」、熊本日日新聞、第1面、2015年8月28日。


今年もたくさんの方に公私にわたり支えて頂きありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。