2011年12月31日土曜日

大晦日

いよいよ2011年も暮れようとしている。

今年はたくさん仕事をした。仕事の仕方もだいぶ分かってきた気がするが、も少しマジメにやるべきところをついつい小さくまとめがちなのは、少し反省。出張が多かったので展示を結構見れたのはよかった。ものを見る眼を養うには、ひたすらいいものを見るしかない。来年は展示100本見るのが目標。

反面、じっくりものを考えたり書いたりする時間がほとんどなかった(毎年同じことを言ってる気がする)。来年は、懸案の仕事をいくつかやり遂げる覚悟でいる。今年出版されたものは以下のとおり。

<著作>
長崎歴史文化博物館(謝黎・平岡隆二)編『謝黎コレクション チャイナドレスと上海モダン』展示会図録(長崎歴史文化博物館、2011年、全72頁)。

長崎新聞社, えぬ編集室編集『孫文・梅屋庄吉と長崎 : 受け継がれる交流の架け橋』(長崎県・長崎市・長崎歴史文化博物館、2011年)。
※作品解説を分担。

<論文>
平岡隆二「「大円分度」の研究:佐賀とエジンバラに現存する北条流測量器具」、『財団法人鍋島報效会研究助成 研究報告書』第5号、2011年、141-161頁。

<その他>
平岡隆二「長崎の印章-蔵書印を中心に-」、『長崎歴史文化博物館研究紀要』第5号、2011年、67-83頁。

平岡隆二「上海航路の時代-世界の中の長崎・雲仙-」、長崎歴史文化博物館編『チャイナドレスと上海モダン』展示会図録(長崎歴史文化博物館、2011年)、66-67頁。

平岡隆二「孫文・梅屋と革命飛行隊」、長崎新聞社, えぬ編集室編集『孫文・梅屋庄吉と長崎 : 受け継がれる交流の架け橋』(長崎県・長崎市・長崎歴史文化博物館、2011年)、49頁。

平岡隆二「九州の図書館・博物館②:長崎歴史文化博物館」、『久留米大学比較文化研究所地域博物館研究部会ニューズレター』第2号、2011年、4頁。

今年はずいぶん近代の仕事が多くて大変勉強になった。来年は、とりあえず下の2つが印刷中。

長崎市史編さん室編『新長崎市史:近世編』(長崎市、2012年春刊行予定、印刷中)
※執筆項目:第8章第4節第1項「阿蘭陀通詞の学芸」、同第2項「紅毛流医・阿蘭陀通詞」、同第3項「阿蘭陀通詞の辞書類の編纂」、第9章第2節第1項「海軍伝習所とその変遷」、同第2項「医学伝習所とその変遷」、同第3項「英語伝習所とその変遷」、同第4項「活版伝習所とその変遷」、同第5項「致遠館とその変遷」 。

平岡隆二「出島商館長デュルコープ墓碑について」、南島原市教育委員会編『日本キリシタン墓碑総覧・時代の証言』(南島原市教育委員会、2012年春刊行予定、印刷中)。


お世話になった方々、どうも有難うございました。それでは皆様、よいお年を。

2011年12月18日日曜日

謎の男~小山薫堂ひらめきの系譜

日頃お世話になっているOさんから、下記番組のお知らせを頂きました。
要チェックです。

----------------
テレビ番組「謎の男~小山薫堂ひらめきの系譜」
http://www.ent-mabui.jp/program/2150

長崎の観光名所、大浦天主堂とグラバー邸。実はこの2つを建てたのは、映画「おくりびと」の脚本家・小山薫堂氏の高祖父である小山秀之進だった。
しかし、今、秀之進の存在を知る人はあまりに少ない。薫堂氏はこの夏、秀之進の足跡をたどる旅に出た。
天草から長崎、150年の時を経て、少しずつ見えてくる謎の男! その実像に迫る!!

NBCテレビ22日(木)19時~放送。BSTBSでは1月15日14時~放送予定。

2011年12月17日土曜日

展覧会など-2011年12月

◇山形大学附属博物館

飛込みにもかかわらず学芸員の方に丁寧に対応して頂き、山形大学附属博物館編『古文書近世資料目録第11号 村山市楯岡 最上徳内史料』昭和53年7月(最上徳内記念館の原資料)をご寄贈頂く。

展示は期待通りで、とりわけ上杉家御典医船山氏旧蔵という薬箱は、一目で金唐革と分かる外装で、思わず興奮。山形への種痘導入にも大きな役割を果たした聞き、むべなるかな。

「長谷堂 は組」と大きく記した竜吐水は近世のもの。寛政期の一貫張り望遠鏡(朱色)。鑑札は種類も数も大変豊富。宿札・看板も多数。制札は正徳元年5月の宗門禁制と、慶応4年3月の太政官による邪宗門禁制など。佐野原(現白鷹町)出土の十字架は大変立派で、近世末期のものか。

◇「山形県立博物館40周年記念展示 出羽国設立以前の山形‐山形と東北大学所蔵重要考古資料 -」&常設展@山形県立博物館

山形の歴史に無知なので常設展から。出羽三山と最上川舟歌に惹かれる。高3の春、自転車で日本最北端まで走ったときに見た即身仏は、どこで見たのだったか。考古、自然史系の展示も充実で、館の方針が読み取れる。企画展で見た「縄文のビーナス」に圧倒される。

◇西都原古墳群遺構保存覆屋(宮崎県西都原市)

西都原の古墳群の中にある。古墳そのものに屋根を架け、発掘者の気分になれる。素人向けに、この古墳の意義や他との違いなどの説明が欲しかった。

◇宮崎県立西都原考古博物館 常設展

凝った造作やデザインを採用することで、一般人には馴染みが薄くともすれば敬遠されがちな考古遺物を楽しく見せようという意図は理解できる。しかし、かえって西都原の古墳群にまつわる基本的な情報(年代、埋葬者、史的意義)が埋没してしまっている印象で、素人としては不満が残った。

宮崎出張中に、都於群城跡に少年時代の伊東マンショの幻影を訪ねる。立派な城跡で、マンショにまつわる像や碑が複数。地元では「偉人」なのだと実感。

2011年11月15日火曜日

研究発表会「幻の『シーボルト日本博物館』を追って」

12月3日(土)の18時から、長崎歴史文化博物館1階ホールにて、標題の研究発表会が開催されます。

入場無料、申し込み不要です。関心のある方はぜひご参加ください。


以下、案内文とチラシ(pdf)を貼り付けます。

-----------------
平成23年11月8日

関係各位

晩秋の候、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。この度下記のとおり、科学研究共同発表会を開催することとなりました。お誘いあわせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。





タイトル:日本学術振興会科学研究費(科研)助成共同研究成果報告会
「幻の『シーボルト日本博物館』を追って」

内容: 第一部 個別報告 第二部 パネルディスカッション

日時:平成23年12月3日(土)18時開演(17時30分開場) 入場無料 申し込み不要

場所:長崎歴史文化博物館イベントホール

主催:長崎純心大学比較文化研究所

共催:人間文化研究機構国立歴史民俗学博物館、長崎市シーボルト記念館

趣旨:

文政年間に長崎に来訪した医師で日本研究家でもあったフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、日本滞在中日本の自然とそこに生活する人間を多面的に捉えるために様々な調査や夥しい数の日本に関する資料を収集し、ヨーロッパに持ち帰った。

その成果をまとめた三部作『日本植物誌』、『日本動物誌』『日本』はその後のヨーロッパの人々による日本研究に大きな影響を与えたことが知られている。また今日ではすでに忘れ去られてしまったことではあるが、シーボルトは来日中から日本の自然や生活文化、さらには生業を紹介するために世界初の民族学博物館である『日本博物館』設立を計画し、帰国後実際にオランダやドイツで数々の日本展示をおこない一般民衆に日本を紹介しようと試みていた。

しかしながら、シーボルトが日本をどう捉え、どのような構想のもとに日本を紹介しようとしたかは、まだ十分に解明されていない。

そこで、本報告を行う研究者が共同研究「「シーボルトが紹介しようとした日本」の復元的研究」(科研基盤研究B)を組織し、日本学術振興会科学研究費の助成を仰ぎ、4年にわたり基礎的な調査、研究を続けてきた。

今回のシンポジウムでは、各研究者の研究成果を広く一般の方々に紹介する目的で開催する。


報告予定者:

久留島浩 国立歴史民俗博物館副館長・教授(日本近世史)

 青山宏夫 国立歴史民俗博物館副館長・教授(歴史地理学)

 日高薫  国立歴史民俗博物館教授(日本文化史、漆工芸)

 松井洋子 東京大学史料編纂所教授(日蘭交渉史)

 小林淳一 東京都江戸東京博物館副館長・長崎純心大学大学院客員教授(日欧交渉史)

 宮坂正英 長崎純心大学比較文化研究所長・教授(歴史社会学、シーボルト研究)

問合せ先:095‐846‐0084 長崎純心大学 宮坂(月~木曜日10時~16時)

2011年11月10日木曜日

リニューアル

長崎歴史文化博物館の常設展「歴史文化展示ゾーン」は、今月23日(水)をもって一端クローズとなり、来年4月1日にリニューアルオープンします(その間も、奉行所展示と孫文展は鋭意開催しています)。


現在、リニューアル後の展示グラフィックの制作作業が大詰めを迎えています。開館前、諸先輩方と苦労して作った今のグラフィックがなくなるのは、ちょっと寂しい気もします。が、この6年間培ったノウハウをつぎ込んだ、気合の入った新常設展にする予定なので、皆様、是非、今の常設の見納めと、再オープン後の展示を見に、博物館まで足をお運びください。とくに23日までやっている特集展示「版画の美」@美術展示室は、長崎版画とド・ロ版画の名品揃いで、おすすめです。



リニューアル後の新たな見どころの1つに、新映像コーナー「長崎交流史列伝」があり、わたしは市の学芸員のTさんと一緒に「ヘンドリック・ドゥーフ」の映像制作を担当しています。先日その撮影のため、出島にお邪魔しました。写真は阿蘭陀通詞・中山作三郎と、ドゥーフ役の俳優さんです。2人が夕暮れの出島メインストリートを歩く姿は、ドラマとわかっていながらも、200年前の日常を髣髴とさせ、なかなか感慨深いものがありました。



カピタン部屋での撮影風景。内容は大まかに言って、近世蘭日辞書の金字塔「ドゥーフ・ハルマ」編纂秘話の体をとっています。M先生が「写本にこの一節を見つけたときは“これは絵になる記述だ”と思った」とおっしゃるネタを中核に、シナリオを構成しました。撮影は深夜まで押しに押し、いつもお世話になっている出島の学芸員さん方にもご迷惑をおかけしました( ゚д゚)) 。_。))ペコリ



リニューアル完成への道のりは、まだ果てしなく遠く見えますが、楽しみながら乗り越えて行きたいものです。

2011年10月31日月曜日

展覧会など-2011年10月


「シーボルトとオランダ貿易展」@シーボルト記念館(長崎市鳴滝)

非常に楽しみにしていた展示。阿蘭陀通詞・中山文庫の文書類、個人蔵の更紗・羅紗・金唐革類、あと武雄の茂義関係資料から構成する。

中山文庫の長崎会所五冊物は初めて見たが、表紙に「通詞部屋置付」と記された重要な写本。

金唐革の薬箱は初めて見た(中身が見れないのが残念)。羽織紐は「阿蘭陀とNIPPON」展に出品した個人蔵のものとやや形状が異なる。ふむふむ。金唐革の鞘の短刀といい、今回出ている金唐革資料は珍しいものが多い。青貝の刀掛けも良い品で、長崎の趣味人の趣向を感じる。

羽織を中心に更紗、羅紗の展示もたいへん充実。プルシアンブルーで染めあげられたという堺更紗(羽織の裏地にも)なるものが展示されていて驚く。輸入顔料が、染料としても用いられていたならば面白い。科学分析結果が知りたいところ。長崎更紗は、博物館にも巨大なのがあるが、評価が難しいと言われ、これまで展示したことがない。上野俊之丞あたりが絡んでいるのだろうか。ヨーロッパ更紗の半襦袢は、柄はまさしくシノワズリ。19世紀中葉頃とのこと。

朝倉南陵の「木蓮にインコ図」は南蘋派か。神戸市博の成澤さんの展示でも出品されたことがあるとのこと。落款は白文「朝倉」朱文「南陵」。

たいへん勉強になり、目の保養にもなった。6日までなので、この分野に興味のある方はぜひご覧になられることをお奨めする。

2011年10月17日月曜日

展覧会など-2011年9~10月、熊本

2011.9.21
①「富重写真所開業145周年記念展 百年の熊本」@熊本県伝統工芸館

公式HPより:熊本市の冨重写真所は、日本で最初の写真師である長崎の上野彦馬のもとで修行した冨重利平により、慶応2年(1866)に開業されました。本年はその開業145年を迎えます。この冨重写真所は、平成18年国の登録有形文化財(建造物)に指定され、現在もそのままの形で現役の写真所として続けられています。
 日本に写真術が渡来したのは、幕末の嘉永元年(1848)のことでした。以来、日本人は写真術の導入と実用化に努め、しばらくの試行の後、欧米諸国と同様に写真を使いこなすようになりました。幕末の開国以後、我が国は西洋の科学技術や制度を受け入れ、政治的、社会的、また文化的に、大きな発展を遂げてきましたが、写真はその中で発達するとともに、視覚的なメディアとして社会に大きな影響を与えてきました。これら当時最先端の写真技術はもちろん熊本の冨重写真所でも駆使され、当時の写真機や熊本の風景、そこに息づいた人々の様子がうかがえる写真が撮影され、現在も大切に保管されています。
 今回の展覧会では、これらの資料に基づき、明治・大正・昭和の時代の熊本城や港、街並み、歴史的建造物、当時のファッションを身にまとった人々など、熊本で暮らした人々の息づかいや近代化していく熊本の様子を感じていただく機会にしたいと考えます。

業界では有名な富重写真所の記念展。写真はどれも新しく見える。
成立年はモノとしてではなく、撮影対象を基準にしているのかもしれない。
「マンスフェルトと医学校写真」を熟覧し、キャプションのメモを
とる。


②「細川家の絵師たち 江戸絵画の精華」@熊本県立美術館
「瀟湘八景」という画題には興味がある。
また博物学関係の和本「艸木生うつし」(1758-1761)永青文庫蔵と、6代重賢「群禽之図」(1761-75)、同蔵は興味深い。以前東京の永青文庫や東博の細川家展でも同種の博物学史料を見た。
「珍禽奇獣図」18世紀所収の千年土龍(森祖仙)のタヌキ図。森は細川家ゆかりなのだろう。

2011.10.14
「宮崎家と革命の志士たち―未公開史料展」@宮崎兄弟資料館

01.黄興書「春水満四澤…」 荒尾市田中和彦氏蔵 1830x700 掛福
陶淵明『四時詩』「春水満四澤 夏雲多奇峰 秋月揚明暉 冬嶺秀孤松」

02.孫文書「大塊文章」 大牟田市・荒木登志男氏蔵 1250x435 扁額(本紙・橙色)
東京の定宿「玉名館」の宇佐音来彦に贈ったもの
cf. 新藤東洋男「宇佐穏来彦と勝海舟・宮崎滔天-大陸浪人誕生の一類型」

03.宮崎滔天書「喜観」 福岡市・島村英治氏蔵 扁額
落款「宮崎/寅蔵」方・陽・朱

04.宮崎八郎書簡 明治3年11月東京より 館蔵
高瀬公と長崎見物、凌雲丸 協力:玉名市立博物館こころピア

05.宮崎民蔵書簡(宮崎美以宛) 7月27日付 上海虹口勝田旅館(上海のたまり場)より 館蔵
入江方にいる亀井に会う。三村君と帰郷のつもり

06.宮崎滔天書簡(民蔵宛) 10月18日付 館蔵
菊池良一が載(戴ヵ)公に話し、載公より直接ドクター(孫文)に伝達云々。姚尺君につき。寺尾の手を経てドクターに? 頭山は「頭節」。長崎鈴木(天眼)宛の手紙につき

07.民蔵書簡(留茂・諠子宛賀状) 荒尾市図書館・宮崎英民文書77
昭和元頃

08.滔天の宮崎九郎宛 同文書78 (大正9年)12月10日付

09.龍介 の宮崎九郎宛 同文書78 (昭和18年)1月

10.滔天の衆議院議員立候補宣言状 荒尾市・米村一幸氏蔵

11.滔天の衆議院議員立候補推薦状 荒尾市・米村一幸氏蔵
米村初太郎宛。犬養・頭山他4名連名

12.宮崎虎蔵書簡(幼馴染の島村又蔵宛) 寄託(福岡県島村英治氏蔵)
巻子装。(大正8年?)3月1日投函

常設展
01.革命同志の寄書き 額装 本紙1000x40程度

02.孫文書「博愛行仁」 扁額

03.黄興書「達観」 扁額

04.黄興書 不日清朝打倒の七律 掛福

05.章炳麟書 革命評論社へ贈った一幅 掛福

2011年9月5日月曜日

展覧会など-2011年9月

◇企画展『坂本龍馬と幕末の長崎』@長崎南山手美術館

昨年オープンした長崎の個人美術館で、貴重な個人蔵資料をご主人の案内つきで拝見できる。展示を見た後のコーヒーもまた格別。現在の企画展も見どころ満載で、個人的には長崎奉行(所)関係資料、秋の浦焼、蘇州土の亀山焼、鉄翁・逸雲・小曾根乾堂の扇面などが印象深かった。場所はグラバー園の入り口のところ。



◇収蔵品展「渋沢栄一と孫文」@渋沢史料館

渋沢と孫文の交流にまつわる、おもに第二革命後の亡命時代と、1924~1925年の孫文最後の来日と病没時の資料を中心に展示が構成されている。盛宣懐の書「月圓人壽」と、黄興の書「論語廿篇傳泗水」が出ていた。孫文の北伐宣言書簡(大本営箋)は常設展の方に出ている。孫科からの父死去の電報の文面は、梅屋に宛てたものとほぼ同じ。ふむ。中国工業株式会社・中日実業株式会社の具体的な業務については紹介されていなかった。



◇「明・清陶磁の名品」@出光美術館 

最終日。清朝官窯の粉彩は圧巻。官民競市というテーマはとても重要だと思う。



◇逓信総合博物館 ていぱーく 常設展

明治4年の大北電信の機器類について調べている関係で訪れるが、たいへん勉強になった。

・二代広重『開花進歩日用双六』明治12年(まるで長崎事始め一覧みたいな内容だが、近代長崎については、ナイーブな先取権争いに回収されないソリッドな評価の枠組みを形成することが、今後の大きな課題でもある)

・シーボルト所有「電気治療器」(第2回来日時の長崎で、福島の蘭医・江藤長俊に米50駄で譲ったものという。1836年発明のダニエル電池が電源の可能性。うるし塗りで、内部に紙こより銅線があることから、佐久間象山製作か、とのことだが、もしそうなら一体どういうこと?)

・佐久間象山の電気治療器とボルタ電池 万延元年頃(静電気ではなく電池を使った動電機製では日本発とのこと。)

・パネル「電気治療機械解説」(出典不明)

・郵便禁制品の看板 明治16年 駅逓局

・エンボッシングモールス電信機 ペリー持参

・電信機之布告 明治2年

・和文・横(欧)文電信表

・ブレゲ指字電信機

・国産モールス印字電信機 明治12年



◇松丸本舗@丸善丸の内本店

いろいろ楽しめたし、驚いたが、ここで「棚買い」している人がいたのに一番吃驚。

2011年8月24日水曜日

展覧会など-2011年8月

出張の仕事の合間に展覧会へ。

<空海と密教美術展>@東博
人の渦で、腰高の展示はすべてあきらめる。「血曼荼羅」から、最後の東寺仏像曼荼羅は圧巻。これだけあちこちから国宝・重文を借りて、造作・照明にも潤沢に投資できる展示ができたら、さぞ楽しいだろう。それはそれで大変に違いないが。

<博物館できもだめし─妖怪、化け物 大集合─」>@東博・本館
これはおもしろかった。根付などの小物をグラフィックのパネルに載せて見せてみたり、壁面の解説パネルも秀逸なセンスで、個人的にはよくぞ東博でこれをやってくれたと脱帽。

<三菱一号館美術館 歴史資料室>
デジタルを駆使して静嘉堂・東洋文庫の名品を紹介する。CG・映像とも、よくできているなと思ったらトータルさんだった。

昨日は久々に本郷の図書館をはしごして、汗をかきながら文献を集める。古い書庫はどこもよく似た独特の匂いがする。なつかしき院生時代の匂い。ネットに依存して、こういうものの調べ方をしばらくしていなかった自分に気づき、反省(長崎にそういう書庫がほとんどなく、勤め先の書庫はまだ新しい、からでもある)。

六本松の図書館も、いまはもうない。研究拠点だった図書館がなくなることは、さみしい限りである。

2011年8月9日火曜日

釜山行

先日、故あって釜山を数日訪れたので、草梁倭館のあった龍頭山公園付近や、あと釜山博物館に足を伸ばしてみる。展示室では近世日朝交流に相当なスペースが割かれているのに正直驚く。石碑等も野外展示されており、いずれも大変重要なもの。個々の由来についての解説は同館ホームページから転載(ここ)。

約条制札碑 1683年

粛宗9年(1683)東莱府使と対馬島主が倭館の禁制条項5個条を制定し、これを広く知らせるために立てた石碑でその内容は次の通りです。

一 約定した境界外に如何なる理由であれ外出した者は死刑に処す。
二 贈収賄は現行犯を逮捕して贈賄者や収賄者共に死刑に処す。
三 開市日に日本人の居所に入り密かに売買する者は朝鮮人 · 日本人を問わず死刑に処す。
四 平素雑物を搬入時、日本人は朝鮮側の色吏(吏属) · 庫子(倉庫管理人) · 小通事を殴打してはならない。
五 朝鮮人 · 日本人を問わず犯罪人は倭舘外において刑を執行する。

壬辰倭乱(文禄 · 慶長の役)で閉鎖された倭館が宣祖40年(1607)釜山の豆毛浦(現在の水晶洞辺)に再び設置されると、密貿易と雑商行為など日本人の各種犯法行為が多くなり、粛宗4年(1678)草梁(現在の竜頭山一帯)へ倭館を移した後にも弊端が多く、これを糾すため禁止条項を定めました。漢字と日本語で製作されて朝鮮側の守門と日本側の倭館の境界線にそれぞれ立てました。 その当時に朝鮮側に立てたものがこれです。 現在は碑身だけ残っていますが上部が丸い形であることから最初から碑頭に載せる部分は無かったと見え、材料は花崗岩です。 元々は草梁倭館があった竜頭山公園東側に立っていたものを釜山博物館へ移し野外に展示しています。
時代 : 朝鮮(1683)、 規格 : 高さ 140㎝、 幅 : 68㎝、 指定番号 : 釜山市指定文化財記念物 第17号



斥和碑 1871年

1871年4月興宣大院君が西洋、日本等近代列強帝国の侵略を排斥し、鎖国を強化するための固い意志と国民に対して覚醒を促そうとソウルと全国の要所に立てたものの一つです。元は釜山鎮城址に立っていたもので『洋夷が侵犯した時「戦わずに和解することは国を売ることだ」これを後孫に警告する。丙寅年に作り、辛未年に立てる。』と刻んであります。全国の斥和碑は1882年壬午軍乱時大院君が清に拉致され、朝鮮が文物を交流開放し、通商する時に全て撤去されました。
時代 : 朝鮮時代(19世紀)、 高さ : 143cm、 幅 : 44.7cm 1871年(高宗 8年)




東莱府使・李澤遂善政碑 1774年














東莱府使・柳◇善政碑 成立年未詳













2009年開催の東莱府使展の立派な図録を見つけたので購入。東莱府使と長崎奉行の比較展示をやったらおもしろいのではないだろうか。「四つの口」にまつわる研究や展示は長崎が率先してリードすべき領域だと思っているが、なかなか厳しい現況である。地道な交流と情報交換から始めるしかない。

2011年7月24日日曜日

展覧会など-2010年7月

孫文展がらみで1週間ほど出張。仕事と台風の合間をぬって展覧会へ。

◇「琳派・若冲と雅の世界」@岡山県立美術館
京都・細見美術館の収蔵品展。名品ぞろいだが、人はほどほどで快適。光悦、宗達、抱一、其一、若冲と進むが、個人的には其一にもっとも魅力を感じる。七宝の釘隠や引手もすばらしい。最後に南蛮漆器の洋櫃と「南蛮人行列図」一幅を配するが、これも雅なんだろうか。

◇印刷博物館・常設展
展示換えにより半分閉室中で出鼻をくじかれたが、初期近代西洋や蘭学関係のものを中心にじっくり見ていく。科学史と印刷史の接点のあたりは、今後やってみたい研究・展示テーマ。木版、エッチング、エングレービング、ドライポイントの違いについても、映像で見ると、まさに百聞不如一見。とにかく映像が豊富だが、早送り・巻き戻しができないのと、残り時間がわからないのはちょっとストレス。駿河版銅活字は以前三井記念館の家康展で見たが、常設に出ていてうれしい。安藤末松や島活字に興味深々。本木昌造旧宅の写真が映像で使われていたが、どこの所蔵だろう。「印刷の家」での植字・印刷ワークショップはさすがで、百見不如一干。

◇「江戸時代の文人画 荻泉堂コレクション受贈記念」@早稲田大学會津八一記念博物館
すべての賛文と落款をおこし、『芥子園画伝』との比較など芸も細かく、大変勉強になりました。方西園「菊花叭々鳥図」は木村蒹葭堂の鑑定とのこと。池大雅はだいたい好きだが「李白詩意図 敬山亭」にも大いに満足。鄭培「扇面蟹図」は、こういう作品と出会うたびに、聖堂文庫史料を基礎にした来舶清人データベースが作れないかと思うのだが、言うは易し。

◇大隈記念館@同上
パネルで「旧致遠館」という写真が「宮島醬油店提供」として紹介されている。長崎では見たことがないものだった。

帰りは久しぶりに東京・長崎、美専車の旅。











東博の孫文展、いよいよあさって開幕。

2011年7月8日金曜日

長崎の墓:大音寺03

20110702-23観音円通碑(明治9年)/大音寺
20110702-24大音寺開山伝誉上人碑(石門は程赤城書)/大音寺
場所 +32° 44' 39.80", +129° 52' 55.12"

石造アーチ門手前の観音円通碑は、明治9年民誉上人代。門に刻まれた書は来舶清人・程赤城(ここにも!)。




















20110702-25長崎奉行・大岡美濃守忠移墓碑/大音寺

場所 +32° 44' 39.68", +129° 52' 55.37"












20110702-26長崎奉行・戸田出雲守氏孟墓/大音寺
場所
場所 +32° 44' 39.69", +129° 52' 55.53"












20110702-27長崎奉行・稲葉出羽守正申墓/大音寺
場所 +32° 44' 39.72", +129° 52' 55.67"













20110702-28伝誉碑後部の住持塔など/大音寺
場所 +32° 44' 39.99", +129° 52' 55.80"











20110702-29山脇泰介氏記念碑(長与専斎・吉田健康撰明治21年)/大音寺
場所 +32° 44' 39.57", +129° 52' 55.13"

長与専斎・吉田健康という幕末明治期を代表する医師が撰した銘によると、旧福井藩士・山脇泰介(?-1886)は、明治2年に東京大学(大学南校か)で学んだあと、長崎医学校で業を卒し、県立長崎病院兼医学校で教えたらしい。









20110702-31故鹿野直二郎墓表(三井物産。明治19年・河野呈甫誌・成瀬石痴書)/大音寺
場所 +32° 44' 39.28", +129° 52' 55.14"













20110702-34素封家・浅田家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.98", +129° 52' 54.99"











20110702-37長崎奉行・松平図書頭康英墓/大音寺
場所 +32° 44' 40.74", +129° 52' 57.68"

フェートン号事件の責を取って奉行所西役所にて切腹した悲劇の長崎奉行の墓。








20110702-40宿老・徳見別家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 40.95", +129° 52' 56.25"

糸割符宿老・徳見家の別家の墓。この別家と分家(墓は高平町。本家の隣にあるが荒れ果てている)は西勝寺過去帳にでるが、本家は初代・宗淳は大音寺過去帳にあり、この人を除いては、宿老となった二代・茂四郎尚方以下、皓台寺過去帳に出る。






20110702-43唐船請人・唐通事・薛家(八官系)墓地/大音寺
場所 +32° 44' 39.88", +129° 52' 58.16"











20110702-46本籠町乙名・田口家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.11", +129° 52' 58.37"

田口家は、享保12年(1727)、惣次右衛門安信(元文5年没)以来、7代にわたって本籠町乙名をつとめる。墓地は荒れ果てているが、多くの近世墓碑が現存している。







20110702-47新町乙名・八尾家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 37.39", +129° 53' 0.50"

八尾家は寛永15年(1638)以来、10代にわたって新町乙名を勤めた。当初は具足屋と称したが、後八尾と改姓した。







20110702-49浅田家(医師・浅田新太郎他)・高崎家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 40.50", +129° 52' 55.54"

浅田新太郎は、長崎医学校卒業後、東京の長与専斎のもとで胃腸病を専攻。帰崎後、新町で胃腸病院を開業し、九州逓信局嘱託医、大村貝釦株式会社監査役、市会議員などを歴任した。






20110702-51唐絵目利・広渡湖月墓/大音寺
場所 +32° 44' 41.40", +129° 52' 56.14"

湖月は、唐絵目利・広渡湖秀の子。名は清輝、通称八左衛門で、南蘋派・真村芦江の門人。寛政11年(1799)、39歳で没した。








20110702-52医家・西原家墓他/大音寺
場所 +32° 44' 41.68", +129° 52' 55.51"

医家西原家の祖・成祐は、字・長允、号・九峰。肥州田代の人。寛政7年(1795)、長崎奉行・平賀信濃守に陪従して江戸に行き、侍医法眼多紀氏の門に入る。同10年、長崎奉行・松平石見守の抜擢を受けて施薬医となった。墓地は荒れているが、多くの近世墓碑が現存していた。





20110702-53旧医家・潁川家墓地(整理済)/大音寺
20110702-63旧素封家・浅田家墓地(整理済)/大音寺
場所 +32° 44' 42.26", +129° 52' 55.25"
両家とも近世長崎の名家で、かつては立派な墓地があったと聞くが、現在は整理されている。とくに医家・潁川家の陳道庸3代については、博物館にお絵像が残っており、渡辺文庫に関連書も残っており、栗崎家との関係も気になっていたので、墓が現存することを祈っていたのだが。5年遅かったと後悔至極。皓台寺と深崇寺の栗崎家墓地の情報も、草荒で進入不可能になる前に採取しておきたかったが、まだ果たせていない。




20110702-55田口家墓地(承応~)/大音寺
場所 +32° 44' 42.23", +129° 52' 54.93"

この墓地に現存する巨大な五輪塔は、「宗休」「生國筑前博多 俗名田口惣兵衛」「承応三甲午暦[1654]十月初六日」と刻むが、これが出島乙名だったという田口惣兵衛の墓なのであろう。これが分かったのは、織田毅「居留場掛初代乙名・田口牧三郎」、長崎県立長崎図書館編『幕末・明治期における長崎居留地外国人名簿III 解説編』(長崎県立長崎図書館、2004年)、(57)454-(67)444頁のおかげ。

2011年7月5日火曜日

長崎の墓:大音寺02

20110702-01薬種目利・中尾家/大音寺
場所 +32° 44' 40.56", +129° 52' 59.15"

近世墓碑が数多く残っている。中尾寿八郎(真光院中誉実相素英居士)の墓には、柳谷謙太郎による明治18年8月付の墓碑銘が刻まれている。宮田安『長崎墓所一覧:風頭山麓篇』長崎文献社、1982年、109頁によると、謙太郎は寿八郎の次男で、出でて唐通事・柳屋家に入り、柳屋改め柳谷と称した。実家の実父の墓誌を綴っていることになる。柳谷謙太郎は済美館で英語句読をつとめた後、初代サンフランシスコ領事をつとめるなど、明治期の外務省で活躍した。キリシタン研究で有名な柳谷武夫氏は、謙太郎の孫である。



20110702-04永田家墓地(寛永伏碑等)/大音寺
場所 +32° 44' 39.63", +129° 53' 2.23"

「寛文十年/道慶信士霊位/戌九月廿四日」と刻んだ大きな自然石碑が目立つ。








20110702-05小川・広谷家墓地(旧片山揚谷・小川水衛墓等跡)/大音寺
場所 +32° 44' 39.40", +129° 53' 3.17"

古賀本によると小川水衛や画人・片山楊谷の墓碑があった墓所は、7角形の独特の形をしている。この形をした墓所が、現在は整理されながらも残っている。宮田(1982)は、小川家の墓は大音寺下部の墓地に移葬され、片山楊谷の墓は失われてしまったという。





20110702-08旧岡村家墓地(空地)/大音寺
場所 +32° 44' 39.52", +129° 53' 3.88"

宮田(1982)110頁は「古めかしい大きな墓碑があるので崇福寺の支配人などをしていた岡村仁三太の墓ではないかと疑うが、確証を得ない」と記すが、現在墓碑はすべて整理され空地になっている。






20110702-10大音寺供養等/大音寺
場所 +32° 44' 37.42", +129° 53' 5.73"

高一覧や高玄岱を輩出した高家の墓は、古賀本によるとかつて大音寺にあったが、現在は残されていない。唯一この供養塔に高源八郎墓碑を見出したのは竹内光美氏だったが、「歴史が眠る多磨霊園」によると、深見玄岱と息子・有隣の墓が同園内にあるという。吉宗の側近として唐蘭情報の収集にあたった玄岱親子の動向については、今村さんが先駆的な研究を発表されているが、掘り下げればまだまだ新事実が出てくるのではなかろうか。




20110702-11楢林家他墓地(空地)/大音寺
場所 +32° 44' 37.92", +129° 53' 3.04" 

1基だけ墓が残るが、枯葉の下にまだ墓碑が埋まっているもよう。あきらめて先を急ぐ。








20110702-12旧唐通事・林家(公エン系)墓地(空地)/大音寺
場所 +32° 44' 38.44", +129° 53' 1.87"

宮田さんの時代には、皓台寺の林・官梅家墓地から移葬された墓碑があったらしいが、整理されて空地になっていた。







20110702-13袋町乙名・糸屋・樋口家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.62", +129° 53' 2.30"

袋町乙名・糸屋家の墓。この墓と、朱印船貿易家・糸屋随右衛門(1586-1650)については、鴇田忠正「御朱印船貿易家・糸屋随右衛門墓石論」『長崎市立博物館館報』第19号、1979年、1-7頁に詳しい。






20110702-14旧唐年行司・薛六官墓(空地)・木下家廃棄墓碑/大音寺
場所 +32° 44' 37.02", +129° 53' 1.40"

かつては薛六官(諱、性由。字は啓文。寛文9年没)の墓があり、宮田さんは「初期の唐年行司の墓碑はあまり残されていないのでぜひ保存したい墓である」と書いたが(宮田(1982)105頁)、すでに失われており、現在は他家の墓が建っている。




20110702-15島田家(大和屋)墓地/大音寺
場所 +32° 44' 37.76", +129° 53' 1.42"

石を敷きつめた広い立派な墓地。島田茂久左衛門(1777-1857)の墓碑銘は田能村竹田が撰したもの。





<墓碑銘>
島田茂久左衛門君諱宣明字士叟号銭淵筑後
久留米藩太田黒宅路之第五子也故茂八郎君
養而為嗣以其女配之生二男三女以安永六丁
酉歳二月十日生安政四丁巳歳六月五日罹疾
没享年八十一矣葬太音寺山内先塋之次
        友人南豊竹田憲誌
          島田茂助明高謹建
文政丁亥歳竹田先生
来□因□此碑誌今彫之



20110702-17福地家墓地(福地櫻痴墓)/大音寺
場所 +32° 44' 38.85", +129° 53' 0.95"

明治の言論界の鬼才・福地櫻痴(1841-1906)の墓がある。宮田(1982)105頁は、櫻痴の父で、唐人屋敷出入り医師だった福地苟庵夫妻の墓が「幸いに残されているので、将来ともに保存すべきものだと思う」と記すが、現存は確認できなかった。以て冥すべし。




20110702-18唐船請人・陳家(九官系)・小野家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.08", +129° 53' 0.57"

寛文年間、唐人請人を仰せ付けられた福州人・陳九官を祖とする陳家墓地、とのこと。墓石は整理され、かなり寄せられている。








20110702-19旧唐通事・蔡家(二官系)墓地(墓碑群現存)/大音寺
場所 +32° 44' 37.78", +129° 52' 59.91"

この墓も現在は他家の墓地となっているが、幸いにも墓碑8基が寄せられて現存する。五代蔡宇十二郎は、唐通事・平野家五代善次右衛門の四男で、これから蔡家の人々の墓は、興福寺後山の平野家墓地の下段にある蔡家墓地に弔われたという。宮田(1982)104頁、および宮田安『唐通事家系論攷』長崎文献社、1979年、854頁~。

2011年6月25日土曜日

長崎の墓:大音寺01

大音寺後山墓地を最上段から掃苔・調査し、15点ほどの位置情報を「長崎墓マップ」にアップする。このあたりは見通しがあまり良くなく、高下の感覚が掴みにくい。今村家墓地を奥に進むと崇福寺の「朝翁」に出て、ここに出るのかとちょっと意外に思う。以下調査メモ。

20110625-01万霊塔(文化)・一千日念仏廻向之塔(天和)/大音寺
場所 +32° 44' 40.34", +129° 52' 57.54"

本堂の真横。松平図書守墓碑との間を登る道の上り口のところにある2基の大きな塔。それぞれ文化年間、天和年間のもののよう。『日鑑』に由来が書いているかもしれない。







20110625-02大音寺住持塔/大音寺
場所 +32° 44' 40.66", +129° 52' 58.20"

鍵がかかっていて中に入れない。整然と並ぶ卵塔の大きさは長崎の寺でも最大規模だろう。宮田さんもそう書いている。長崎の町と港を見下ろすように整列している。




20110625-03阿蘭陀通詞・今村家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.64", +129° 53' 4.23"

松村元綱による明生墓碑銘が読みたかったが解読困難なので他日を期す。英生墓碑は彫りが深い。googleの地図には背面に建物があるが(昔の写真にも人家が写っている)、現在はない。隣の墓にあるザボン?の木の枝がこちらまで伸びていて、実がたくさん転がっていた。いつものように現存墓碑の銘と家紋を全撮。



20110625-04宿老・浜武家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.40", +129° 53' 3.73"

古賀本によるとかつて23基(13基?)の墓碑があったとのことであるが、現在は五輪塔一基に整理されている。






20110625-05森家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 36.77", +129° 53' 3.65"

宮田さんはこの墓地が整理されているため、糸割符宿老の森家と確認できないと書いている。とりあえず全撮。






20110625-06大乗妙典法花経全部一字宕塔(正徳四)など(藤井・堺屋家墓地内ヵ)/大音寺
場所 +32° 44' 36.70", +129° 53' 3.89"

大乗妙典の一字ずつを一石に写経し埋納した時に立てた碑だろう。掘れば出てくるかもしれない。一体何を祈願したのだろう。






20110625-07鶴田家墓地(全景のみ)/大音寺
場所 +32° 44' 37.50", +129° 53' 3.85"









20110625-08阿蘭陀通詞・中山家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 37.82", +129° 53' 4.03"

近世期の状態をよく保存している、大変貴重な墓地。6代作三郎武徳(1785-1844)はドゥーフハルマの再訂に大きな役割を果たした優秀な通詞。シーボルト記念館収蔵の絵像(川原慶賀筆)は「阿蘭陀とNIPPON」展で展示させて頂きました。美馬順三墓碑は入り口近くにぽつんと立っている。墓碑銘は解読困難。ボッフムに残されているシーボルト門人らの蘭語論文はここで読める。市指定の解説板あり。



20110625-09町乙名・帯屋家墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.21", +129° 53' 3.96"

帯屋氏は代々船津町、島原町、大村町の乙名をつとめた。






20110625-10船番・大木家墓地(砲術家大木藤十郎など)/大音寺
場所 +32° 44' 38.20", +129° 53' 3.57"

大木家の五代・藤十郎(1785-1873)は、諱・忠貞、号・可月、野鶴。船番触頭を勤めた。坂本孫八(天山)や高島秋帆について砲術を修め、第1次海軍伝習では伝習頭取となってペルス・ライケン等に砲術・航海術を学んだとのこと。後に佐賀藩に招かれ、航海術などを教授したとも。博物館には大木の遺品としてトンキョ笠と阿蘭陀渡りのランドセルが収蔵されている。明治6年没。


20110625-11朱印船貿易家・荒木宗太郎墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.34", +129° 53' 2.92"

長崎では本石灰町の御朱印船やアニオーさんで有名な荒木宗太郎(?-1636)の墓(中央)。荒木家は3代伊太郎好信から13代惣八郎春章まで、西築町乙名をつとめた。手前の石垣に廃棄墓碑が使われているが、かつて整理したものだろう。墓石を石垣や階段にリサイクルするセンスは現代人には理解しがたい。市指定史跡。



20110625-12素封家・島田家墓地(全景のみ)/大音寺
場所 +32° 44' 38.60", +129° 53' 3.76"

とにかく巨大で、雑草がかなり生い茂るがまだ進入可能。今日は全景だけを撮影しておく。島田家は、奈良・明日香村出身の初代島田惣兵衛(享保15年没)以来、袋町で岡村屋の屋号で商売を行った。惣兵衛の名は『長崎実録大成続篇』に度々みえるという。隣接する住宅にはもう誰も住んでいないのだろう。荒れ果てている。


20110625-13西道仙墓碑ほか/大音寺
場所 +32° 44' 38.89", +129° 53' 3.29"

この墓地には西家だけでなく、他家の墓碑もたくさんある。西家墓地は観善寺にもあり、そちらは本格的に整理されている。





20110625-14商家・伊藤家(八百叟)墓地/大音寺
場所 +32° 44' 38.89", +129° 53' 2.44"

伊藤家は代々今博多町に住み、蔬菜や乾物を商った。とくに惣右衛門(1835-1917)は家業のかたわら清人の胡鉄梅(1848-1899)に南画を学び、蟹図に秀でた。号は、蔬香、玉椿軒、八百叟と呼ばれた。博物館には八百叟の印が大量に収蔵されている。近代長崎における日中交流は今後研究を進めるべき重要なテーマ。胡鉄梅についてはこのページに興味深い情報が見える。


20110625-15長崎奉行・松波備前守正房墓碑/大音寺
場所 +32° 44' 39.88", +129° 53' 2.60"

長崎で客死した奉行の墓でもこれは最大級の大きさだろう。献灯の竿石には町年寄らの名前が。奉行が亡くなったときは、皆さぞ大変だったことだろう。









※6月30日追記
試しにGPS場所をリンクしてみる。またOさんによると「糸割符宿老の森家墓地はかつて皓台寺で確認した」「荒木家は神道家」とのこと。たしかに明治以降の墓碑には「奥城」と刻む。近世墓碑は、開祖の宗太郎・アニオーさんの墓以外はほとんど整理したものである。いつも貴重な情報有難うございます。