2010年8月12日木曜日

長崎広瀬外科道具価格目録


嘉永2年(1849)
<長崎歴史文化博物館 医学5>

幕末に江戸本町三丁目の「いわしや五兵衛」が販売していた医学器具の価格目録である。冠に「長崎広瀬」とあるように、その由来は長崎、ひいてはオランダにあると示唆されている。当時医学器具を販売するにあたって、長崎という言葉は一種のブランド効果を持っていたのであろう。「柄付メス」「真鍮筒入銀カテヱテル」「キリステル(浣腸器)」の名などが見える。

0 件のコメント:

コメントを投稿